徘徊防止に鍵の工夫を。

小さなお子様がいるご家庭や認知症のご家族がいるご家庭にぜひ実践して欲しいのが鍵の見直しです。
特に認知症の方は徘徊の頻度が高く、何も対策しないままだと安心して生活もできませんし、トラブルにあってしまうリスクも向上してしまいます。
こうしたリスクを避けるためにも、ぜひ鍵の見直しをして徘徊防止に役立ててください。

徘徊防止用の鍵は年々様々なタイプのものが登場しています。既存の鍵の補助錠として取り付けられるもの、鍵本体が徘徊防止の工夫がされているものと様々です。
ご自身で簡単に取り付けられるものも多くありますので、そうしたものから試してみるのもおすすめです。

また扉だけでなく、窓の鍵の対策も行いましょう。窓から外に出て徘徊するという事例も珍しくないからです。
例えば窓に取り付けられているクレセント錠の他にも補助錠を取り付けたり、鍵がかかっていると窓が開かない鍵付きのクレセント錠に交換するという選択もあります。