知っておくべき鍵用語、鍵と錠って何?

鍵や錠前は人間の歴史とともに進化発展していますが、そもそも鍵と錠は何が違うのか知っていますか?

日本では鍵も錠も鍵と読んでいますが、鍵は錠を開錠するための道具であり、錠は扉などが開かないようにするための閂の事なのですが、鍵と錠はセットで錠前なのです。

開錠は閉まっている状態の鍵を開ける事であり、その反対の意味が施錠になりますが、解錠とは開けてある錠の事を意味しているのだそうです。

正規の鍵を使わないで錠前を開錠する事をピッキングと呼び、ピッキングで使われる特殊な工具は所持する事が禁止されていますのでご注意ください。

鍵のパーツにもそれぞれ名前があり、例えば箱型のパーツである錠箱の内部は、鍵を開閉するための複雑な構造になっているのです。