金庫の鍵を紛失してしまった時の対処法

金庫に入れるものというと、重要だけど普段あまり使わないものが多いと思います。
開け締めをすること自体が少ないので、金庫の鍵をどこに仕舞ったか忘れてしまう、紛失してしまう、またはダイヤル番号を忘れてしまった…こうしたトラブルはとても多いです。

急ぎでないのなら一番安全で確実なのが、金庫のメーカーに問い合わせて合鍵を届けてもらうのがおすすめです。
合鍵が届くまで最大2週間程度必要ですが、料金も安価で、金庫を傷つけることなく開けることができます。
ただし、古すぎる金庫だとメーカー自体が無くなってしまっていることも珍しくないので、その場合は別の手段をとる必要があります。

手持ちサイズの簡易金庫ならば、思い切って壊してこじ開けてしまうのも一つの方法です。
簡易金庫は料金が安いので、新しく買い直すことになっても、業者やメーカーに依頼するより安く済むことが多いためです。
手持ちサイズ以上大きくなってしまうと、壊すにしても手間がかかりますし、何よりも怪我のリスクが上がるため、おすすめできません。

急いでいる場合は、鍵開け専門の業者に依頼することになります。
他の方法と比べて料金は最もかかってしまいますが、メーカー問わずにすぐ対応してくれる業者ばかりです。