鍵の処分方法

鍵を交換した、合鍵を作ったけど不要になったなど、鍵を処分する機会が訪れた時、皆様はどのようにして処分しているでしょうか。
一言に鍵と言ってもシーンによって正しい処分の仕方は異なりますので、今回はそんな鍵の処分方法をご紹介致します。

まず、まだ使っている鍵を処分する時は最も注意しなければなりません。特に合鍵を作ったけど不要になった場合がこれにあたります。
不要でもまだ使える鍵ですから、まずはカギ番号を消して折ってから捨てるようにしましょう。折って捨ててもカギ番号が分かってしまうと複製されるリスクが残ります。
識別できないように番号を消して金槌などを用いてしっかり折った後、日を変えてゴミ出しすることでさらに安全性が上がります。

もう使っていない鍵がある場合は、そのまま不燃ゴミに出すことができます。
使っていなくても不安という場合は先ほどと同じように鍵番号を消して折ってから捨てると安心できるでしょう。

鍵屋さんによっては古い鍵の引き取りをしていることもありますので、ゴミとして捨てるのが不安な場合は一度近所の鍵屋さんに聞いてみてもいいと思います。

また賃貸の場合は勝手に鍵の処分が出来ませんので、合鍵でも不要なものがある場合は管理会社に相談して対処しましょう。