鍵は見られない所に管理!勝手に合鍵を作られてしまうかも

今まで合鍵を作ってもらうためには元となる鍵(オリジナルキー)が必要でしたが、今はメーカー名とオリジナルキーに刻印されているカギ番号さえあれば、オリジナルキーが手元になくても合鍵が簡単に作れてしまいます。
つまり鍵のメーカーと番号を知られてしまえば合鍵を作れてしまうことになるので、「鍵を無くしてないから大丈夫」と考えている方は要注意です。

例えば室内でも人目に触れない所に鍵を仕舞っておくようにしたり、外出時に鍵を持ち歩く場合でも、鍵を丸裸のまま持ち歩くと番号を盗み見られてしまう可能性があるため、カバーを付けたりバッグの奥にしまうなどして目に触れさせないようにしましょう。

「勝手に合鍵を作られることなんてあるの?」と思われるかもしれませんが、近年、知らぬうちに作られた合鍵で侵入されるケースが増えてきています。
いくら防犯性能の高い鍵を設置していても鍵が作られてしまっては意味がありません。鍵を無くさないことはもちろん、見られないようにする管理の工夫もかかさないようにしましょう。