鍵番号を削って防犯対策できる?

合鍵を作るためには鍵番号が必要になので、他人に鍵番号を知られないためにも鍵番号を削って対策している人もいるようです。

鍵に書いてあるメーカー名と鍵番号が分かっていれば、誰でも簡単にメーカーに純正キーを作成してもらったり、鍵屋さんに合鍵を作成してもらう事もできるので、その対策として鍵番号を削るのだそうです。

しかし、鍵番号を削る事によるデメリットとして、メーカーで純正キーや合鍵を作ってもらえなくなると言われていますよ。

鍵番号を削らないで合鍵の対策をするなら、登録制のシリンダーを活用したり、キーキャップを使ったりして鍵の管理を行いましょう。

鍵番号を削る場合には、削りすぎによる鍵の破損に注意が必要ですよ。

普段鍵を使う際には、純正キーを自宅で保管して合鍵を使うというのも良いのだそうです。