賃貸物件の合鍵を作るときの注意点

持ち家や分譲マンションの場合は必要な分の合鍵を自由に作っても問題ありませんが、賃貸物件だと少し話が変わってきます。
賃貸物件の合鍵を作る場合は原則として大家の許可をとる必要があるのです。なぜわざわざ許可が必要なのかというと、大家には入居者全員が安全して暮らせる環境を整える必要があるためです。
万が一入居者が勝手に合鍵を作って全く関係ない第三者に渡してトラブルが発生してしまった場合、大谷の責任となってしまいます。
合鍵はもちろんですが、勝手な鍵交換なども禁止されています。どうしても合鍵を作る必要がある、鍵を交換する必要があるという場合は勝手に判断して行わずに、まずは大家に相談してからにしましょう。

基本的にはきちんと理由を説明すれば断られることはありません。作成した合鍵は退去時に大家に明け渡すこともあるため、合鍵であっても紛失せずに厳重に保管するか、本当に信用できる人にのみ渡すようにしましょう。

南京錠の種類

ロッカーやスーツケースなど、ちょっとしたものに鍵をかけたい時に活躍する南京錠ですが、これにも様々な種類がございます。
今回はこうした南京錠の種類をご紹介したいと思います。

まず南京錠と聞いて真っ先に思い浮かべる人も多いのが、シリンダー式の南京錠でしょう。開錠に鍵が必要なため他の南京錠に比べてそこそこ防犯性も高いです。その代わり鍵を無くしてしまうと開けられなくなってしまうので注意が必要です。
続いてベターなのがダイヤル式の南京錠です。これは番号を合わせて開錠するタイプの鍵で、番号を覚えておく必要があります。番号を覚えていれば誰にでも開けられるので鍵を持ち歩かなくてもいいのがメリットでしょう。
もちろん番号を忘れてしまうと開けられなくなるのは注意です。

一人で管理するのならシリンダー式の南京錠がいいですし、家族間などで管理したいならダイヤル式の番号がおすすめです。
ぜひ用途に合わせて鍵を選んでみてくださいね。