鍵は見られない所に管理!勝手に合鍵を作られてしまうかも

今まで合鍵を作ってもらうためには元となる鍵(オリジナルキー)が必要でしたが、今はメーカー名とオリジナルキーに刻印されているカギ番号さえあれば、オリジナルキーが手元になくても合鍵が簡単に作れてしまいます。
つまり鍵のメーカーと番号を知られてしまえば合鍵を作れてしまうことになるので、「鍵を無くしてないから大丈夫」と考えている方は要注意です。

例えば室内でも人目に触れない所に鍵を仕舞っておくようにしたり、外出時に鍵を持ち歩く場合でも、鍵を丸裸のまま持ち歩くと番号を盗み見られてしまう可能性があるため、カバーを付けたりバッグの奥にしまうなどして目に触れさせないようにしましょう。

「勝手に合鍵を作られることなんてあるの?」と思われるかもしれませんが、近年、知らぬうちに作られた合鍵で侵入されるケースが増えてきています。
いくら防犯性能の高い鍵を設置していても鍵が作られてしまっては意味がありません。鍵を無くさないことはもちろん、見られないようにする管理の工夫もかかさないようにしましょう。

鍵番号を削って防犯対策できる?

合鍵を作るためには鍵番号が必要になので、他人に鍵番号を知られないためにも鍵番号を削って対策している人もいるようです。

鍵に書いてあるメーカー名と鍵番号が分かっていれば、誰でも簡単にメーカーに純正キーを作成してもらったり、鍵屋さんに合鍵を作成してもらう事もできるので、その対策として鍵番号を削るのだそうです。

しかし、鍵番号を削る事によるデメリットとして、メーカーで純正キーや合鍵を作ってもらえなくなると言われていますよ。

鍵番号を削らないで合鍵の対策をするなら、登録制のシリンダーを活用したり、キーキャップを使ったりして鍵の管理を行いましょう。

鍵番号を削る場合には、削りすぎによる鍵の破損に注意が必要ですよ。

普段鍵を使う際には、純正キーを自宅で保管して合鍵を使うというのも良いのだそうです。

合鍵を作ってもらう方法とは

現在使っている鍵と同じ合鍵を作製する場合には、正確な物を作る必要があるため、鍵屋さんに依頼する事になりますよ。

例えば、鍵の専門業者であれば、あらゆる鍵を作製する事が可能ですし、精度も高いと言われています。

ホームセンターでも合鍵作製のコーナーが設けられている場合があり、買い物ついでに作成する事ができますし、近年ではインターネットでも作ってもらう事ができますので忙しい方はぜひチェックしましょう。

合鍵を作ってもらうためには元の鍵だけでなく、身分証明書や免許証などの書類が必要だったり、セキュリティカードを持参する事になりますので事前に用意しておきましょう。

一般的な鍵ならホームセンターなどでも合鍵を作れますが、防犯性能が高い複雑な構造の鍵は専門店でしか作ってもらえない場合がありますので注意しましょう。