年末年始の鍵トラブルに要注意!

年末年始は空き巣被害が増える時期でもありますし、鍵のトラブルが起こりやすい時期でもあります。防犯対策をきっちりと行わなければなりません。

特に「鍵を無くした!」というトラブルが多数見受けられます。これは年末年始にかけて飲み会などのお酒を飲む機会が増え、酔っ払ってしまって鍵を無くしてしまうというケースが多いためです。
記憶がなくなるまで深酒しない、鍵とカバンを繋いでおくようにするなど、もしもに備えて鍵をなくさないための努力をするようにしましょう。

最近の鍵屋さんは24時間365日対応のところも珍しくありませんので、鍵を無くしてしまったと思ったら我慢せずに鍵屋に連絡することをお勧めします。

また最初に触れたように、年末年始の鍵トラブルはとても多いです。鍵の紛失だけでなく空き巣被害も増える時期ですので、いつも以上に鍵の防犯にも目を向けましょう。しばらく鍵をかえていない、鍵に不調があるという場合は、いい機会と思って鍵の交換をするのもおすすめです。

車の鍵を無くさないために

車での鍵トラブルというとインロックが先に思い浮かぶかもしれませんが、車の鍵をなくしてしまったというトラブルも比較的多い鍵トラブルの一つです。
特に外出先で車を止めて用事を済ませ、駐車場に戻ってきたら鍵を無くしているのに気がついたという事例が多くあります。車の鍵を無くしてしまうともちろん車を動かせませんから、緊急性の高いトラブルと言えるでしょう。

車の鍵はスペアキーがあるとはいえ、大抵の人はご自宅に保管していると思いますが、できることなら通常の鍵とは別の方法で身につけておくと万が一の時に安心です。
そもそも車の鍵を無くさないためには、紛失防止の工夫をしなければなりません。例えばご自宅の場合なら保管する場所を決めておくだけでも大きな対策となります。
また外で無くさないためには、鍵紛失防止グッズを使ってみてください。見た目はキーホルダーのようなものが多いですが、Bluetooth機能によって鍵が手元から離れた時にスマートフォンに知らせてくれたり、アプリから鍵につけたキーホルダーの呼び出し音を出すことができるものなど、沢山の鍵紛失防止グッズがあります。

車の鍵を無くしたらどうする?

車の鍵は普段から使うことも多いことから、家の鍵の次に無くしやすい鍵と言われています。

もし車の鍵を無くしてしまった場合、まず落ち着くことが前提です。その上でスペアキーが手元にあるかを確認します。スペアキーがあるようでしたらとりあえずそれを使いましょう。
スペアキーが無くて車に乗れないという場合は、購入したディーラーか鍵屋に連絡して開けてもらうことになります。どちらの場合でも開錠、鍵の作成をしてもらえます。
もちろんこれはスペアキーになるので、正規の鍵が欲しい場合はディーラーに依頼することになります。

また会員であればJAFなどの専門業者に来てもらうこともおすすめです。会員でなくても利用できますが、鍵屋等に頼むのと変わらない料金が発生します。会員なら無料で鍵開け、けん引してもらえるため、とにかくすぐに車を移動させたい、費用をできるだけ抑えたい場合は選択肢の一つにしましょう。

鍵の耐用年数はどのくらい?

金属製の鍵にも寿命があり、ずっと使い続けていると劣化してしまいますので鍵の耐用年数について知っておきましょう。

鍵の耐用年数は保管方法や環境によって異なると言われていて、雨風に曝された状態が続いていると金属が錆びてしまいますし、開け閉めの使用頻度が多いと鍵に負荷がかかって劣化につながるのです。

劣化した鍵は新しい鍵へと交換して買い換える必要がありますが、もちろん費用がかかりますので、日頃から保管方法に気をつけると良いでしょう。

劣化した鍵を使い続けているとデメリットが幾つかあり、例えば鍵が破損して使えなくなってしまったり、防犯性能も低いため空き巣の標的にされやすいのだそうです。

突然の鍵トラブルで慌てる前に、鍵の劣化を感じるようになったら鍵屋へ相談して新しい物へと交換しましょう。

スーツケースの鍵を紛失した時の対処法

スーツケースの鍵を無くしたかも、家に忘れてきてしまったかも…。このようにスーツケースの鍵トラブルも珍しくありません。
鍵がなければ当然スーツケースの中身を取り出すことができませんから、スケジュールにも大きな影響を及ぼす可能性があります。

スーツケースの鍵を早く開けて欲しいという場合は、鍵の業者に依頼するのが一番早いです。
最近では呼んでから作業完了までトータル1時間もあれば問題が解決してしまうことも多いので、とにかく時間がない、すぐに開けて欲しいという場合は特におすすめです。
また空港で鍵が無いことに気づいたのなら、空港内にあるリペアサービスを利用するのもいいでしょう。
本来は旅行中に壊れてしまったスーツケースなどの修理をしてくれるサービスとなりますが、大手の空港会社ならスーツケースの開錠にも対応しています。更に鍵作成や鍵交換というように鍵屋さん並のサービスも行ってくれるところもあります。
空港会社によってはリペアサービス自体がない場合や、開錠には対応していない場合もあるため、事前に電話などで確認しておくといいでしょう。

スーツケースによっては自分で開けられることもありますが、鍵を壊してしまったり怪我をするリスクも高いのでおすすめできません。

鍵の処分方法

鍵を交換した、合鍵を作ったけど不要になったなど、鍵を処分する機会が訪れた時、皆様はどのようにして処分しているでしょうか。
一言に鍵と言ってもシーンによって正しい処分の仕方は異なりますので、今回はそんな鍵の処分方法をご紹介致します。

まず、まだ使っている鍵を処分する時は最も注意しなければなりません。特に合鍵を作ったけど不要になった場合がこれにあたります。
不要でもまだ使える鍵ですから、まずはカギ番号を消して折ってから捨てるようにしましょう。折って捨ててもカギ番号が分かってしまうと複製されるリスクが残ります。
識別できないように番号を消して金槌などを用いてしっかり折った後、日を変えてゴミ出しすることでさらに安全性が上がります。

もう使っていない鍵がある場合は、そのまま不燃ゴミに出すことができます。
使っていなくても不安という場合は先ほどと同じように鍵番号を消して折ってから捨てると安心できるでしょう。

鍵屋さんによっては古い鍵の引き取りをしていることもありますので、ゴミとして捨てるのが不安な場合は一度近所の鍵屋さんに聞いてみてもいいと思います。

また賃貸の場合は勝手に鍵の処分が出来ませんので、合鍵でも不要なものがある場合は管理会社に相談して対処しましょう。

鍵は見られない所に管理!勝手に合鍵を作られてしまうかも

今まで合鍵を作ってもらうためには元となる鍵(オリジナルキー)が必要でしたが、今はメーカー名とオリジナルキーに刻印されているカギ番号さえあれば、オリジナルキーが手元になくても合鍵が簡単に作れてしまいます。
つまり鍵のメーカーと番号を知られてしまえば合鍵を作れてしまうことになるので、「鍵を無くしてないから大丈夫」と考えている方は要注意です。

例えば室内でも人目に触れない所に鍵を仕舞っておくようにしたり、外出時に鍵を持ち歩く場合でも、鍵を丸裸のまま持ち歩くと番号を盗み見られてしまう可能性があるため、カバーを付けたりバッグの奥にしまうなどして目に触れさせないようにしましょう。

「勝手に合鍵を作られることなんてあるの?」と思われるかもしれませんが、近年、知らぬうちに作られた合鍵で侵入されるケースが増えてきています。
いくら防犯性能の高い鍵を設置していても鍵が作られてしまっては意味がありません。鍵を無くさないことはもちろん、見られないようにする管理の工夫もかかさないようにしましょう。

鍵番号を削って防犯対策できる?

合鍵を作るためには鍵番号が必要になので、他人に鍵番号を知られないためにも鍵番号を削って対策している人もいるようです。

鍵に書いてあるメーカー名と鍵番号が分かっていれば、誰でも簡単にメーカーに純正キーを作成してもらったり、鍵屋さんに合鍵を作成してもらう事もできるので、その対策として鍵番号を削るのだそうです。

しかし、鍵番号を削る事によるデメリットとして、メーカーで純正キーや合鍵を作ってもらえなくなると言われていますよ。

鍵番号を削らないで合鍵の対策をするなら、登録制のシリンダーを活用したり、キーキャップを使ったりして鍵の管理を行いましょう。

鍵番号を削る場合には、削りすぎによる鍵の破損に注意が必要ですよ。

普段鍵を使う際には、純正キーを自宅で保管して合鍵を使うというのも良いのだそうです。

スマートキーが効かない時に確認したいこと

スマートキーは盗難防止性能が非常に高く、安心して使えるのが魅力です。
しかし、今までの鍵とは仕組みも一味違うので、突然使えないとなった時に慌ててしまう人からの相談も多く寄せられます。
今回はスマートキーが突然効かなくなってしまった時、まず確認してほしいことをご紹介致します。

・電池切れ
意外に多いのがこの「電池切れ」です。スマートキーには電池が内蔵されており、これが切れてしまうとイモビライザー機能が働かないため、エンジンがかけられなくなります。
スマートキー側についているランプが点いていなければ電池切れですので、使用されている電池を確認して交換しましょう。
また車種によっては、電池残量がが少なくなると警告が表示されることもあります。

・電波障害
スマートフォンなどが発する電波がスマートキーと車の接続を阻害してしまっている可能性もあります。
その場合は電波を発していると考えるものをスマートキーから離して試してみると作動します。

鍵穴に異物があるときは鍵交換

鍵穴に小石や小枝などの異物が詰まってしまって鍵が開かなくなる、というトラブルは非常に多いです。
こんな時、自分でなんとかしようとすると余計に詰まりが酷くなったり、鍵を壊してしまう原因になりますので、素直に鍵交換をするのがベストです。
シリンダーや錠前などはホームセンターでも購入でき、交換作業も自分でやることができます。普段からDIYを楽しんでいる、手先が器用という人は自分で交換をしてみてもいいでしょう。
ただし、正しく取り付けられていないと鍵本来の性能を果たせないため、自信がない方は素直に鍵屋さんに依頼をするのがベストです。

また、鍵穴に異物があるときにやってはいけないことがあります。
例えば異物を取り出そうとして、細いものでシリンダーをかき回したり、潤滑油をスプレーしてしまったりすると、部品を傷つけてしまったり潤滑油が内部で固まってしまって状況がより一層悪くなってしまいます。
最悪の場合、鍵やドアを壊す必要がでてきてしまいますので、余計なことはせずに鍵屋に相談をしましょう。