暗証番号の鍵、交換する事はできるのか?

テンキー錠もしくは暗証番号錠はキーレス錠であり、セキュリティ性能が高いため金庫や玄関ドアの錠として使われていますが、メリットだけでなくデメリットもあるのです。

テンキー錠は鍵を持ち歩かないので鍵自体を紛失する心配もありませんし、セキュリティ性能が高いというメリットがありますが、デメリットとして電池切れや停電によって施開錠ができなくなる場合もありますよ。

既存の錠を暗証番号の電子錠に交換する場合には、何処にどういう目的で設置するのか、予算はどれくらいか、どんな種類を選ぶのか考えておきましょう。

セルフで交換すると失敗の可能性もありますが、費用を抑えられますし、業者に依頼すると確実に交換できますが、その分の費用がかかるので、無料の相談などしてみてはいかがでしょう。

生体認証で使える鍵、指紋認証錠の特徴とは?

玄関錠のセキュリティを強化するために、キーレス錠を導入しようと考えている方も多いかもしれませんが、指紋認証錠にはどんな特徴があるのでしょうか?

指紋認証錠はその名の通り指紋を認証して施開錠を行うため、鍵の紛失や盗難の心配がありませんし、鍵穴もないのでピッキングされる事もないのです。

また、家族など住居や建物を利用する人の指紋を複数登録しておく事もできますし、通常の玄関ドアに後付けして設置する事もできますよ。

指紋認証錠は電子錠なので、停電時には使用できなくなる可能性が考えられますが、非常用の鍵を使えば施開錠できるので安心してご使用いただけます。

高性能なので防犯対策としての効果が期待できますが、指紋を登録してもセンサーが反応しなかったり、高額な錠なので導入しづらいというデメリットもあります。

電子錠と電気錠は別物?取り付けトラブルに気をつけよう!

現代では一般的な錠だけでなく、電力を使う鍵が登場していますが、電子錠と電気錠にはどんな違いがあるのでしょうか?

電子錠とは電池で動く鍵の事であり、配線工事などの特別な工事は必要ありませんが、ドアのサイズなどに合わせて電子錠を選ぶ事が大切ですよ。

暗証番号タイプやカードキー、指紋認証やタッチキーなどの種類があり、電池が切れると操作ができなくなり閉め出されてしまうとも言われているため、電池が切れる前に交換しましょう。

電気錠は電気配線を通す事によって動く鍵ですから電池切れの心配はありませんが、取り付けるために配線工事が必要になりますよ。

停電してしまうと電気錠が操作できない可能性があるので、非常時の事も考えて設置しましょう。